泡洗顔はちゃんとやればメリットも多い

洗顔

 

DUOクレンジングバームは泡が立たない洗顔ですが、泡洗顔を使う人も多いでしょう。

 

泡が立った方がいいのか、立たないほうがいいのかについては、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

● 泡洗顔は肌にダメージを与えない!

 

● 泡洗顔は泡の弾力で洗う!

 

泡立てネットでもこもこの泡を作って顔を洗うのは、何より肌にダメージを与えないのがメリットです。

 

洗顔でゴシゴシ肌をこするのは思いのほか肌に刺激を与えるのです。
特に肌が敏感な方やトラブルがある時には泡洗顔のメリットは大きいです。

 

泡洗顔は泡で洗うので、肌に直接手を触れる必要がありませんね。
弾力のある泡は弾ける時に毛穴の汚れを落とすそうです。
だから、できるだけしっかり泡を立ててムッチリした状態にするのがお勧めです!

 

せっかく泡で洗うのだから、直接手が肌に触れないようにしたいですね。
ゴシゴシ洗っても優しく洗ってもそれほど違いはないとか。

 

それなら、肌を傷つけないようにそっと洗うのが良いと思います。

 

 

また、洗い流す時も優しく水を顔に当てるようにして洗うのがポイント。
洗顔料を落とそうとしてゴシゴシするのはダメなのです!

 

 

毛穴の汚れを落とすのはDUOクレンジングバームと泡洗顔とどちらがいい?

DUOクレンジングバームは毛穴の汚れをスッキリ落として潤いを奪わないのがいいところ。
それでは、毛穴の汚れを落とすにはどちらが威力があるのでしょうか?

 

私も毛穴の黒ずみや角栓には悩んでいました。
これを取るには何を使えばいいのか、と(笑)

 

色々やってみた結果、毛穴の汚れを落とすのは泡よりも粒子の細かいものの方が良さそうです。
クレンジングじゃなくても洗顔料でもクレイなどは汚れを落とす効果が高いですね。

 

もちろん一度では落ちませんが、続けていくと不思議と毛穴の黒ずみがなくなっていきます!

 

DUOクレンジングバームはクレンジングと洗顔料の二つを兼ね備えています。
W洗顔しなくてもいいのでこれは便利だと思いますよ。

 

また、ヤマノ化粧品はクレイを使ったクレンジングや洗顔、パックが揃っています。
こちらも肌に刺激を与えずに黒ずみを取ってくれるのでお勧め!

 

今まで泡でよごれを落とすと思っていましたが、泡立たたないクレンジングや洗顔は毛穴に入り込んで汚れを取ってくれます。

 

泡洗顔ももちろんいいのですが、毛穴の汚れを取ることをメインに考えると、DUOクレンジングバームのような
粒子の細かいものがいいのではないかと思います。

 


関連ページ

乾燥が気になる時の洗顔は?
肌が乾いたな、と思ったら洗顔も気をつけて!